スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻フック



最近TVで ”鼻フック” を見る事がほどんど無くなった。


バラエティ番組で芸人さん達がやるあの罰ゲームの事である。


鼻穴に ”上からゴムで引っ張られているフック” を引っかける。


リアクション芸人達の登竜門だ。


最近はあまり画面上で見かけない。


視聴者に飽きられたのだろうか?  あまりのムゴさにクレームが多かったのか。


少なくとも10年ほど前までは鉄板ネタであった。




友達の高崎君も ”鼻フック” が得意であった。


しかし彼の ”鼻フック” は ひと味違う。


鼻にフックではない。


鼻毛がフックしているのだ。



まるで つり針のように。



まるで フック船長のように。



自己主張激しく飛び出して。



何を引っかけるつもりなのか。




あまりの主張ぶりに、私は尋ねた。


「お前の鼻毛は一体何を引っかけるつもりだ?」


「・・・・・。」




翌日、彼の鼻フックはなくなっていた。




彼は優しい男だ。


きっとあのフックで引っ掛けたいのは、私以外の何かだったのだ。


しかし愚かな私が勝手に引っ掛かってしまった。


キャッチ&リリースである。


彼は自慢の鼻フックを切る事によって、私を解放してくれたのだ。


ひょっとしたら鼻フック界ではそういう決まりなのだろうか。


私に知るすべはないが、彼が私をリリースしてくれたのは紛れもなく事実である。



ありがとう。


おかげで私は自由になれた。



「恥ずかしいから切った」  と聞こえたような気もするが、



そんな言葉、私には届かない。


そんな照れ隠しは要らないのだ。



全て解っている。



友情とはそういうものだ。





鼻毛フックは票も狙ってる。 気をつけろ!




数え歌



友達の菅野くんが鼻歌まじりに歌っていた。


「♪1っ本で~も ニンジン。  2で~も、  ・・・あれ?、何だっけ?」


「サンダル。サンダルだから2本じゃない。 ”2足で~も” だ。」


「あ、そっか。  そんじゃぁ、3で~も、   ・・・???  あれ?、何だっけ?」


残念ながら私はそんな 「ニンジン好きの歌」 は知らない。



だがこのままでは菅野君の口癖が 「ニンジン」 になってしまう。


そんな友達は迷惑なので正解を教えてあげる事にした。



2足でもサンダル

3艘でもヨット

4粒でもゴマシオ


・・・・・・。


私もその先は解らない。




解らないからといって、簡単にあきらめる訳にはいかない。


こんな事でくじけては私達に未来はない。


早速2人で推測を開始する。


場合によっては正解より更に正解を作りだしても良いのである。


ヒントは


「頭に数字の頭文字がつく」

「子供向けの歌」


この2点だ。




まず ”6”

”6” はおそらく ”肋骨” だろう。

子供達に人体の仕組みを教えるのだ。

「5本でも肋骨」

まぁ こんな感じだろう。

菅野君と頷き合う

順調な滑り出し。




そして ”7”

”無くて七癖” か、

”7不思議” のどちらかだ。

ちょっとひねって ”ドラゴンボール” もありえるか。


「6不思議なのに7不思議」

これは不思議だ。

「アレッ?」ってなる。

私と菅野君、何回 「アレッ?」 ってなった事か。

いっそのこと 「アレッ?」 までセットにしてしまうか。


「6不思議なのに、7不思議 ・・・アレッ?」


決定。




”8”

これはちょっと難しい。

”ハチ公” か、

”八つ墓村”

”ハチ公” は中々良い。忠犬だし、カワイイし。子供に語り聞かせるのに最適だ。


決まりかけたその時、菅野君が言う。


「じゃぁネコはどこで登場させる?」


「ネコ? ネコを登場させるなら ”2” だろうけど、 ”2” はお前の好きなニンジンで確定しているから無理だ。」


「え?イヌが出るのにネコは出ないの? そんな不公平は許されないだろ。 お前、トラネコ党に訴えられるぞ」


トラネコ党が何なのかは解らないが、訴えられてはたまらない。


しょうがない、”ハチ公” はあきらめよう。


こうなってしまっては ちょっと苦しいが ”八つ墓村” を選択せざるを得ない。



「7市町村でも八つ墓村」


あまり子供向けではないが、まぁ しょうがない。




”9”

”救世主” か、

”オバケのQ太郎”

”8” が子供向けではなかったので、ここは ”Q太郎” だろう。

子供達のポイントを稼ぐ必要がある。

藤子不二雄 作品だし間違いない。


「8バケラッタでもQ太郎」


私は疑問を菅野君にぶつける。


「 ”バケラッタ” は弟のO次郎じゃなかったっけ?」


「弟に言えるんだったら、兄も言えるだろう? 問題ないよ。」


「そういう問題か?」


「そういう問題だ。 じゃ、いーよ、コーラスで (O次郎!)って入れよう」



・・・それもちょっと違うような気がするが、まぁいい。




”10”

候補は

”銃刀法違反”

”住宅ローン”

”柔をよく剛を制す”

”獣神サンダーライガー”

どれも子供達には意味深い言葉だ。


”銃刀法違反 ” は教育上、教え込む意味がある。

しかし、数え方が解らない。

「懲役9年でも銃刀法違反」

少々物騒だし ちょっと無理があるか。


”住宅ローン” も子供のうちに覚えておけば、計画性高める意味で教育上良い。

数え方は

「頭金900万円で住宅ローン」

子供には少し生々し過ぎる。

だいたい、”9” ではなく ”900万” になってしまう。

9円では頭金にならない。


”柔をよく剛を制す”

子供達に教えてあげたい言葉ではあるが、実際に柔が剛を制したのを見たことがない。

TVで柔道を見てても、ほとんど力と力のぶつかり合いだ。

第一、階級別なら意味のない言葉だ。

却下。


”獣神サンダーライガー”

子供に教えるという意味では非の打ち所がない。

なんと言っても ”ヒーロー” である。

これなら私も菅野君も文句が無い。


「9レスラーでも獣神サンダーライガー」


9人もいて 全員が同じ決めポーズをとったら壮観だろう。


リングは狭そうだが。




確か最後は ”1” に戻るはずだ。

”イケメン”

”一富士.二鷹.三ナスビ ”

”一発屋”


「10人でもイケメン」


浅い。言葉が軽すぎる。却下。


”一富士.二鷹.三ナスビ” は数え方が解らない。第一、数え歌で数えてるのに更に中身で数えてしまったら訳が解らなくなってしまう。


これも1種の「アレッ?」のパターンである。


「アレッ?」は ”7不思議” で使ってしまっているので、もう使えない。



「10発撃ったのに1発屋」


何気に深い。


社会の厳しさが込められている。


私の一存でこれに決定。 菅野君が何と言おうと関係ない。


彼は ”ハチ公” のくだりで私に借りがあるのだ。


最後は子供達にエールを込めて、


「10発撃ったのに1発屋」





これで1から10まで完成である。


 本でもニンジン

 足でもサンダル

 艘でもヨット

 粒でもゴマシオ

 本でも肋骨

 不思議なのに7不思議 ・・・アレッ?

 市町村でも八つ墓村

 バケラッタでもQ太郎 (O次郎!)

 レスラーでも獣神サンダーライガー

10 発撃ったのに1発屋




完成。


だがちょっと気になる。


少々歌いづらい。


しかし、ここまで来てそれを認めてしまっては 今までの努力が水の泡である。


どうする、気付かなかったフリをするか?


いや、そんなのは三流のやる事である。


妥協を許した作品が世間で評価される訳がない。


菅野君は気にならないのだろうか。


「ちょっと歌いづらくないか?」


「うん?・・・まぁ。」


薄々は気づいていた様子である。だが、


「大丈夫だろ? テツコさんとかに頼めばいいよ。」


おそらく”テツコさん” とは あの部屋の徹子さんの事だろう。


確かにあのテツコさんならば、1拍の中に5,6拍ぐらい余裕で放り込むだろう。


さすがは菅野君。


問題は排除された。


私と菅野君が考え抜いた、子供の為の”数え歌”。


完全にオリジナル超えを果たした自信作。


教育に役立ててもらえれば幸いである。


滑舌の悪い方も大丈夫。


テツコさんとかに頼めばいいのだ。


歌い聞かせられて育った子供達が作る20年後の社会が楽しみである。


明るい未来が待ち遠しい。






1票でも100人力 (O次郎!)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャッキー・チェン



友人の相模君はモテる男だ。


顔も良く、しゃべりも達者。


ただ残念、頭がよろしくない。


決して頭が悪いのではない、合わせるピントが少々おかしいのだ。


彼はジャッキー・チェンが大好きである。



偶然にも私も大好きだ。



彼はジャッキーの歌う、映画 「プロジェクトA」 の主題歌を覚えたかった。


しかし、当然日本語ではない。広東語が何かである。


日本語でさえ ままならない彼が手を出せる歌ではない。


諦めきれない彼は考え、思いついた。


聞き取ってカタカナにすれば覚えられる!
・・・でも面倒だ。
・・・そうか、彼女に聞き取らせればいいんだ!



彼女はビデオの 「再生」 「巻戻し」 を何回繰り返した事だろう。


彼女を置き去りにして遊びに行った、彼の部屋で留守番をしながら。



彼女の努力のおかげで、晴れて相模君は主題歌を覚える事が出来た。



待て待て。

それはルール違反だ。



その 「彼女」 と同じ作業を繰り返し、自力でモノにした 「私」 の立場はどうなる。


♪ ロンジャディジュ ムンジャヘィギン シンドンフォン ジェモン


その歌を口ずさむ為に私がどれほどの労力を費やした事か。



理不尽さに我慢できず、文句を言う私に相模君は平然と答える。


「プロジェクトA2も彼女にやってもらったよ!  ♪ ゲェィンホゥン ゲィンホン サンチョチェィンチンゲィホン♪」




黙れ!



お前に歌う資格はない!



もうっ!・・・、  馬鹿っ!





♪ ロンジャディジュ ムンジャ1票 シンドンフォン ジェモン


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

S級芸能人



10年程前。


友達の菅野君と一緒に昼番組の ”ごきげんよう” を見ていた。


どちらともなく、


「 ”ごきげんよう” のゲストは B級芸能人が多い」 という会話になった。


確かにほぼ1年中B級芸能人で回っている。


特番の時にS級芸能人が何回か出演する程度である。


予算の都合上しょうがないのだろう。


毎日のように放送しているのだ。


いくら ”LION” でも予算には限界がある。



いいではないか。


B級芸能人だって、トークはなかなか面白い。




2人が出した結論。




「我々が口を出す事ではない。」




もっともである。





そして議論は発展する。



では ”S級芸能人” として認定できるのは誰か?


協議の結果、

・ビートたけし
・タモリ
・明石家さんま
・スマップ
・ダウンタウン

辺りなら文句はないという結論に達した。



しかし菅野君にはもう一人心当たりがあったらしい。



「ガチャピンはどうする?」



意外な人選。



だが、私も簡単に認める訳にはいかない。


簡単にS級認定を許しては他のS級の方々に申し訳ない。



「ガチャピンは芸能人のくくりじゃないだろ。」



一気に漂う険悪なムード。



彼も譲れないらしい。


「ガチャピンは ”ポンキッキー” だけじゃない。  ”いいとも” や ”FNS春の祭典” にもゲスト出演するんだぞ!  小さい子供から 入院中の年寄りだって、みんなが知ってる!」


私も引かない。


簡単に許してはタモさんに申し開きが出来ないのだ。


昼の生放送で文句でも言われたら たまったものではない。


「だけどもガチャピンは人間ではない。 あれは恐竜の息子だぞ。 百歩ゆずっても ”芸能獣” だ。」


「スポーツ万能だぞ!」


「それでも獣は獣だ。  第一、FNS系列以外は出演出来ないだろうが。」


「!!   ・・・この解らず屋め!」




そして2人が出した結論。





「我々が決める事ではない。」





・・・もっともである。






ダムぬし より

コメントくださった方々、ありがとうございます。 申し訳ありません、コメントの返信を控えさせて頂いています。 日常会話から私の人物像が浮かび上がってしまっては、当サイトがつまらなくなってしまうからです。 より楽しんで頂くためと ご理解ください。 そしてカワウソなので許してください。

ダムぬし より2nd

返事は出来ませんが、コメントや拍手をもらえると嬉しいです。 テンションがムハッと上がるので、是非 残していってください。 又、コメント頂いた方のブログは楽しく拝見させて頂いてます。 カワウソなので許してください。
プロフィール

カワウソ

ダム主:カワウソ
秋田県在住 ♂ 30代前半

リンク も トラックバック も 記事引用も 全てフリーです。 報告の必要ありません。             好きにやっちゃってください。                    拍手やコメントもらえると良いダムが出来そうな気がします。
最新記事
最新コメント
ダムメーター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
カワウソ直行便
相互ダムのお申込みはこちらにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。